sp nav
  • ホーム
  • 新着情報
  • 【ライフスタイル調査】ステキ女子必見、幸せのカギはプライベー・・・

アクア株式会社

2016年10月14日

【ライフスタイル調査】ステキ女子必見、幸せのカギはプライベートキッチンの充実にあり!?

いま、ステキカップルはどんなキッチンライフを送っているのか?
白物家電メーカーとしてAQUA が徹底調査!
 男性だけではなく、女性もどんどんと活躍できる時代。かつては女性のテリトリーだったキッチン事情も、きっとガラりと様変わりしているはず。自炊はしているのか? ふたりで料理したりするの?冷蔵庫の大きさはどのくらい?気になるけれどなかなか聞く機会のない、そんなプライベートキッチンにまつわるさまざまな調査データを大公開。仕事もプライベートもスマートに楽しみたい女性のみなさま、どうぞご参考に。

本調査のサマリー

  • 〜仲良しカップルの約4割は、月に1日以上ふたりで料理をする!〜
  • 〜週イチで手料理を家族に振る舞う男性が1割〜
  • 〜二人暮らしを始める時、ひとり暮らし冷蔵庫から買い換えなかった男女の
    70%以上が不便を感じていた!〜
  • 〜冷蔵庫選びの新常識!? “ワンサイズUP”の法則〜

【調査概要】

  • 調査期間:2016年7月19日 ~ 7月20日
  • 対象:首都圏に住む男女200人
    (条件:冷蔵庫を使用していて、かつ、同棲または結婚しているカップル(夫婦)/ 20~40代の男女)
  • 方法:インターネットリサーチ(調査委託先:マクロミル)

<仲良しカップルの約4割は、
月に1日以上ふたりで料理をする!>

~共同作業は、楽しい嬉しい美味しい、カップルのスパイス。
“ふたり料理”で、カップルの絆をさらに深めよう~

 料理には、さまざまな心理的な効果がある、と言われています。特に“ふたり料理”には、カップルの絆を深めてくれそうなポイントがいっぱい。たとえば、共同作業の楽しさ。ひとりでキッチンに立っていると「食べるために作っている」という作業感が出てしまいますが、ふたりでしゃべりながら作ればそれだけでも楽しいですよね。また、「ふたりで作った! 」という出来上がりの達成感も、心理的な距離を縮めるのにひと役買ってくれます。そして何より、ふたりで作った料理を一緒に食べる喜び。同じメニューでもひと味違うものです。
しかしカップルの実態を見てみると、月に1日以上一緒に料理をするカップルはわずか36%と半数に満たない結果に。その一方、一緒に料理をすると答えた人を対象に仲は良いか、と聞いたところ「良い」と回答したのは82%でした。ということは、あまり一緒に料理をしなくても現在仲良しなカップルが“ふたり料理”の機会をもっと増やせば、その仲はさらに深まり、ステキカップルへと発展していく、と言えるのかもしれません。

<週イチで手料理を家族に振る舞う男性が1割>

~これからのステキカップルの男子は、“週末シェフ”!?~

 今回の調査では主婦が30%だったとはいえ、毎日の料理を担当しているのは、やはり女性がメイン。しかし男性でも、全体の1割は週に1回は家族に手料理を振る舞っていると答え、週に2~3日以上という回答を合わせると24%いることがわかりました。女性に比べると頻度はぐっと減るものの、パートナーの家事負担を少しでもサポートしたい、と気遣う男性の心情が垣間見えるようです。 普段いつも料理を作っている女性にとっては、週に1日でも旦那さまや彼氏が自分のために料理を作ってくれるのはきっと、とても嬉しいことだと想像できます。イケメンから週末シェフへ。一億総活躍社会の一環として、女性のさらなる活躍が望まれているこれからは、料理が上手な男性がもてはやされるかもしれませんね。

<二人暮らしを始める時、ひとり暮らし冷蔵庫から
買い換えなかった男女の70%以上が不便を感じていた>

~不便トップ3は、まとめ買いできない、冷凍室が小さすぎる、野菜が入り切らない~

 ひとり暮らし同士のふたりが一緒になる場合。テレビやエアコンなど生活必需品があまったりしますよね。冷蔵庫もそのひとつ。まだ働き盛りの場合、家で自炊はあまりできないし「どっちかの冷蔵庫を使えばいっか」、「足りるでしょ」と買い替えを見送るケースも。それを裏付けるように、今回の調査でも4人に1人が冷蔵庫を買い替えていませんでした。 しかし同時に、なんらかの不便を感じている男女が約70%もいることが判明。その理由は、「まとめ買いで食品が入りきらない」(50.9%)が約半数と最も多く、「冷凍庫が小さすぎる」(40.0%)が続きました。実際にふたりで暮らしてみると、自宅で一緒に料理をしたり、食事をしたり、友だちを呼んだりする機会が思ったよりも増えたということでしょうか。二人暮らしを始めるカップルにとっては、冷蔵庫の買い替えでプライベートキッチンを充実させることが、シアワセのカギと言えるかもしれません。

<冷蔵庫選びの新常識!? “ワンサイズUP”の法則>

〜食料品のおトクなまとめ買い需要は82.7%だった一方、どの冷蔵庫サイズでも、
まとめ買い“あきらめ層”が相当数存在していた! 〜

 一般家庭の景気がなかなか温まらない現代において、おトクな週末特売を狙った“まとめ買い”需要は、なんと82.7%! ところが、そのまとめ買いを“あきらめている”人たちが、冷蔵庫の各サイズにおいて相当数いることが判明。301L以上のファミリータイプ所有者でも約3割がまとめ買いを“あきらめていた”のです。つまり、スマートにおトクに暮らす“まとめ買い”派なら、冷蔵庫は“ワンサイズ大きいモノを選ぶ”が新常識と言っても良いかもしれません。それに、ふたりで料理をするにも、男性がパートナーに手料理を振る舞うにも、友だちや仲間を呼んでイエナカパーティを楽しむにも、十分な食材や飲み物を冷やしておける大きさがあれば安心。ワンサイズUPの法則は、イエナカを充実させるひとつの選択肢として、確かにアリ! だと言えそうです。