sp nav
安全と安心をお届けする徹底した品質管理体制。
安全と安心をお届けする徹底した品質管理体制。

安全と安心をお届けする
徹底した品質管理体制。

品質管理について

  • 製品安全自主行動指針
  • JETメーカーラボ認定取得
製品安全自主行動指針

グローバルな生産・販売体制を持つハイアールグループは、世界各国のお客さまに安全と安心をお届けするための徹底した品質管理体制を心がけております。
アクア株式会社は以下の自主行動指針のもとに、製品の安全確保を最優先に、品質管理の向上と情報共有、適切な情報提供に努めてまいります。

1. 法令遵守

アクア株式会社(以下当社)は、消費生活用製品安全法、電気用品安全法をはじめとするさまざまな法規制を遵守し、企業倫理に沿った企業活動を行います。

2. 安全確保への取り組み

当社の製品の安全性を確保向上させるため、法令で定められた安全基準を遵守し、研究開発・部材の調達・生産・品質管理・流通・アフターサービスの各分野において独自の安全性向上に努めます。

3. 情報の収集・共有と開示

当社は、私たちの製品にかかわる事故について、お客さまから積極的に収集してグループ内の情報共有を図るとともに、適切な情報提供を行います。

4. 事故への適切な対応

当社の製品において重大な事故が起きた場合、法令に基づいて所轄官庁にすみやかに報告し、被害の拡大を防ぐために必要な処置を講じます。すべての事故情報は経営トップに集約し、再発を防ぐための調査・分析・改善体制を整備します。

5. 品質管理体制の継続的改善

当社は品質管理体制を継続的に見直し、製品の安全性の向上を図ります。

JETメーカーラボ認定取得
ハイアール中央研究院内にある青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司

ハイアール中央研究院内にある青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司

海外企業初のメーカーラボに認定

ハイアールのグループ会社である青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司は、2012年、海外企業として初めて、JET(一般財団法人 電気安全環境研究所)の定める『メーカーラボ登録規程』に基づく登録試験所の認定を取得しました。この認定によって、ハイアールは、日本国内の電気用品安全法(PSE)に基づく安全性を充分に確保し、いっそう徹底した品質管理を進めることが可能となりました。

  • JETのサイトへ
  • 電気用品安全法のページへ
日本の技術基準を熟知し、
安全安心の品質管理を徹底

青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司は、ハイアールグループの中心試験会社として、開発最終時点での製品の安全性を試験・監督する業務を行っています。海外向けの製品の場合、一般的には、電気・電子機器に関する国際標準規格であるIEC規格に則って行われますが、日本国内向けの製品は、「電気用品安全法」の定める技術基準に適合させる必要があります。

その技術基準の具体的内容は、「電気用品の技術基準の解釈別表第一から別表第十一」または「別表第十二」です。
●別表第一から別表第十一基準:日本独自の基準
●別表第十二基準:IEC(国際電気標準会議)が定めた規格に整合化された基準

青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司は、日本国内向け製品の技術基準適合を重視し、日本独自の基準である別表第一から別表第十一基準の技術基準を熟知するため、これまで長年に亘り試験及び教育訓練に継続的に取り組んできました。

メーカーラボ登録記念授与式

メーカーラボ登録記念授与式

その結果、「電気用品安全法」に基づく検査機関であるJETが定めるメーカーラボとしての登録要件を満たし、2012年7月25日に海外企業として初めてメーカーラボとして登録されました。同時に、青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司の試験検査員はJETの主任試験員として任命されました。
今後は、メーカーラボとしての登録の範囲において、別表第一から別表第十一の技術基準に基づく試験を行った結果を、S-JET認証(電気用品安全法を補完し、電気製品のより安全安心のための第三者認証制度)の製品試験に活用することができるようになりました。

青島海尓(ハイアール)質量検測有限公司 メーカーラボ登録内容

適用規格

電気用品安全法技術基準 別表第一から別表第十一

適用範囲(品目)

91 電動力応用器具:電気冷房機、電気洗濯機、電気脱水機、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、電気乾燥機

適用規格(試験項目)

電気用品安全法の電気用品の技術上の基準を定める別表第一から別表第十一
別表第八1(1)、(2)、(3)(リを除く。)、(4)、(5)ニ、(6)、(8)、(9)、(12)、2(42)、2(48)、2(50)(保護冷却システムのものを除く。)、2(76)