sp nav

ハイアールグループ ジャパンリージョン CEOメッセージ

ハイアールグループ ジャパンリージョン

代表取締役社長

杜 鏡国

我々、ハイアールグループ・ジャパンリージョンが目指しているのは、日本からグローバルな展開を図り、世界のユーザーとともに価値創出を実現していくことです。

2002年に、日本で「Haier」のブランド展開事業を始め、2007年には三洋電機との冷蔵庫事業の商品開発提携を行いました。これは、ハイアールグループとして初となる国際協業モデルです。そして2012年には、従来のHaierブランドに並び、AQUAブランドの立ち上げとハイアールアジアR&D部門の設立の事業統合を完成させました。 この新体制の元、現在は冷蔵庫や洗濯機、掃除機などの小物家電から、業界№1の業務用コインランドリー機器まで幅広く事業を展開しています。

現在、10年連続白物家電世界シェアNo.1を達成したハイアールグループは、中国のHaier、日本のAQUA、米国のGEA、オセアニアのFisher & Paykel、欧州のCandyなどの7大ブランドで世界各地域に事業展開をしております。世界トップシェアの商品を支えているのは、ハイアールグループのグローバル技術と製造ネットワークであり、日本をはじめ、アメリカ、ドイツ、インドなど世界10か所のR&Dセンターを保有しております。日本市場におきましても、ハイアールグループのグローバルリソースと日本の三洋電機から継承した高い技術力を結集したAQUAブランドと、Haierブランドのダブルブランド戦略が、我々の強みであると考えています。

我々はこの強みを生かし、ハイアールグループの「時代をリードする企業」 という企業ビジョンと、「人単合一」という経営理念により、旧来の家電メーカーからスマートホームとIoTエコシステムのリーダーへと転換していきます。そして、日々進化していくお客様の生活スタイルにマッチした、よりよいソリューションを提供してまいります。