導入を迷っている方必見!食洗機のメリットとデメリット

2022.04.05

導入を迷っている方必見!食洗機のメリットとデメリット

便利な食洗機ですが「少し大げさかな?」「わざわざ買うほどでもないかな」と購入を決意できずにいる人も少なくありません。

一般的に便利といわれていても、自分にとって大きなメリットがなければ、手洗いのままでもいいかなと考えている人もいるでしょう。

そこで今回は、食洗機を購入するか迷っている方へ、食洗機のメリットとデメリットをくわしくご紹介します。

1.食洗機を導入するメリット

1-1.コスト面での食洗機のメリット

手洗いと比べて節水ができる

食洗機は水をたくさん使いそうなイメージがありますが、実は手洗いよりも水が節約できます。水道代は手洗いの半分以下というメーカーも。

手洗いの場合は、洗っているときは水を止めますが、すすぐときに水が出しっぱなしになってしまいますよね。食洗機は庫内に水をためて循環して洗うので、無駄がないのです。

手洗い

皿洗いに使っていた時間を他の時間に

食洗機は食器と洗剤をセットして、スタートさせるだけ。乾燥まで行えるので、皿洗いの時間が短縮でき、時間を他のことに使うことができます。

1-2.衛生面での食洗機のメリット

手洗いよりもきれいに洗える

食洗機は、高圧な水流と手では触れられない高温のお湯で洗い、強力な洗剤を使用するため、手洗いよりもきれいに仕上げることができます。

食洗機

除菌ができる

手洗いよりもきれいに洗えるだけではなく、高圧洗浄・高温・高濃度の洗剤を使用することで、高い除菌効果も期待できます。

複雑な形状のものも簡単にきれいに

ザルやおろし金、すり鉢など、スポンジが引っかかってしまうものも、食洗機ならきれいに洗うことができるのもうれしいポイント。

急須など手が届きにくい細かい部分もきれいにできるので、複雑な形状のものは食洗機にまかせましょう。

ただし、並べ方にはコツがあります。取扱説明書をチェックしてくださいね。

1-3.生活面では手荒れの防止にも

手荒れを防止できるのも食洗機のメリット。

とくに冬場は、冷たい水で食器を洗うのは手がつらいだけではなく、食器の汚れが落ちにくいのでお湯を使用しますが、皮脂や角質まで落としてしまうため、乾燥する原因に。さらに洗剤の刺激も加わり、手荒れを引き起こします。

食器洗いを休むことはできないので、なかなか手荒れが治らない人も多いですが、食洗機を使えば困ることもなくなります。

手荒れ

2.食洗機の導入におけるデメリット

2-1.導入費用や電気代がかかる

食洗機の購入費用はもちろんのこと、他にも据え置き型やビルトインタイプの場合は、工事費用がかかることも。また、手洗いでは発生しない電気代がかかります。食洗機専用の洗剤も用意しなくてはいけません。

ただし、水道代については抑えることができるので、長い目で見ると節約になるといえるでしょう。

2-2.食洗機では洗えないものもある

食洗機は何でも洗えるわけではありません。

漆器や金箔がついたもの、特殊な上絵付きの食器、クリスタルガラスなど繊細なものは変形や変色、破損する恐れがあるため、食洗機の使用はNG。

他にも、銀・アルミ・錫・銅製のもの、金メッキや銀メッキが使われているフォークやスプーン、木製やプラスチック製の食器、軽くて飛ばされやすいものなどは洗えません。

木製やプラスチックの食器

2-3.洗浄中の動作音が大きい

食洗機は洗浄するときに、水が出る音、食器同士が動いてぶつかる音など、大きな動作音がします。乾燥中も洗浄中ほどではないですが、少し音が出ることも。

大きいといっても、耳を塞ぐくらい騒音というわけではありません。テレビの音を少し上げたいな、寝ているときは少し気になるな…程度の音量です。

2-4.定期的に食洗機の掃除が必要

食器を洗うときに、水と洗剤が流れているのできれいなイメージがある食洗機ですが、定期的な掃除は欠かせません。

使用後は必ず排水口の残飯トレーをきれいに掃除しましょう。据え置き型は排水ホースの汚れにも注意。

掃除の目安は月に1回程度。ほとんどのメーカーは食器を入れず、空の状態で食洗機を運転するだけで掃除が行えます。掃除モードなどが搭載されている場合は活用しましょう。とくについていない場合は、洗剤を入れて強力なコースで食洗機を動かしてください。

まとめ

食洗機にはメリットとデメリットがありますが、比較してみるとメリットの方が多いですね。

導入費用はかかるものの、節水もでき、時間も有効活用できるのは、忙しい人にとってはうれしいこと。

さらにきれいに洗えて、除菌効果も期待できるのは魅力的です。

家事の負担を軽減したいという人は、食洗機の導入を検討してみてくださいね。