新生活に必要な家電とは?ひとり暮らし用の家電の参考価格やあると便利な家電も紹介

2021.04.06

新生活は何かとお金がかかるので、なるべく無駄なものは買いたくないですよね。

今回はひとり暮らしに必要な家電をご紹介していきます。ひとり暮らしにおすすめのサイズや参考価格も一緒にチェックしていきましょう。

1.ひとり暮らしの新生活に必須な家電

ひとり暮らしを充実させようと、さまざまな家電を買いそろえる人もいますが、快適に暮らしたかったのに家電が場所を取って狭くなってしまった、買っただけで使わなかったといったことも。

足りなかったものはあとから買い足せばOKです。まずはひとり暮らしに必須な家電を準備しましょう。

1-1.冷蔵庫

1人用の参考価格:40,000~60,000円

料理を全くしないという人でも、飲み物を冷やしたり、冷凍食品を保存したりと、必ず必要になってくるのが冷蔵庫

ひとり暮らしに適したサイズは100L以上。冷蔵庫はパンパンに収納してしまうと冷えにくくなってしまうので、少し余裕を持たせるのがポイント。

自炊をする、作り置きもしたい、冷凍食品を常備しておきたいという人におすすめなのがハイアールのJR-NF 173B。173Lとひとり暮らしには少し大きめですが横幅は約50cmなのでスリムなタイプ。

冷凍室は3段の引き出しで区切られており、電子レンジが乗せられる耐熱性能天板付き、庫内には強化ガラストレイ採用。トレイの高さ調節もでき、LED庫内灯もついています。冷凍室だけではなく冷蔵室も広い方がいいという人におすすめです。

ひとり暮らしの冷蔵庫選びのポイントとおすすめ冷蔵庫3選

 

JR-NF 173

1-2.洗濯機

1人用の参考価格:30,000~50,000円

最近はコインランドリーも充実していますが、洗濯機なしで生活するのはとても不便ですよね。

ひとり暮らしには5kg程度あれば充分ですが、週末にまとめて洗うことが多い、毛布など大きなものを洗いたいという人は少し余裕のあるサイズを選ぶといいでしょう。

おすすめの洗濯機はAQW-GS50J。容量はひとり暮らしにちょうどいい5kg。縦型の洗濯機はもみ洗いによる衣類へのダメージが気になるところですが、AQW-GS50Jは「3Dアクティブ洗浄」で布へのダメージを軽減してくれます。

AQW-GS50J

1-3.電子レンジ

1人用の参考価格:10,000~30,000円

自炊をしなくても、買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を利用したりとひとり暮らしに電子レンジは欠かせません

電子レンジは温める機能だけのものと、オーブンレンジといってオーブン・トースター・グリルの機能が搭載されたものがあります。オーブンレンジはパンを焼いたり、お菓子作りをしたりと幅広い活躍が期待できますが、価格は少し上がります。

ひとり暮らしにおすすめの電子レンジは、ハイアールのJM-17H。温め機能だけですが、操作も簡単で200W・500W・700Wと出力の切り替えができます。コンパクトサイズで置き場所を選ばないのもうれしいポイント。コンパクトでも庫内は広いので、高さ19cmまで温めることが可能です。

JM-17H

2.ひとり暮らしの新生活にあると便利な家電

最初からなくても生活はできますが、できればそろえておきたい。買っても後悔しない便利な家電もご紹介します。

2-1.テレビ

1人用の参考価格:15,000~90,000円

動画をパソコンで見ているのであまりテレビは見ないという人も多いですが、やはりテレビがあると情報量が違いますよね。最近はテレビでYouTubeなどの動画も見ることができるタイプも増えてきています。

ひとり暮らしにおすすめのテレビのサイズは20~32インチ程度。映画鑑賞などが好きな人は大きめサイズがいいかもしれません。価格は画質によってかなり幅があります。

2-2.電気ケトル

値段:2,000~8,000円

短時間で気軽にお湯を沸かすことができる優れものの電気ケトル。

やかんなどでお湯を沸かすと火を止めなくてはいけないため気を遣う、しかしポットは場所を取るからいらないという人におすすめです。

朝の忙しい時間でもすぐにコーヒーや紅茶、緑茶など温かいドリンクを作ることができますよ。

2-3.炊飯器

1人用の参考価格:5,000~15,000円

ご飯はレンジで温めるタイプのものや鍋でも炊くことができますが、ご飯をよく食べる、たくさん炊いて冷凍しておきたいという人にはやはり炊飯器がおすすめです。

炊飯器はご飯を炊くだけではなく、さまざまな料理ができるので、最近はレシピ本なども注目されています。

ひとり暮らしにおすすめの炊飯器のサイズは3合程度。ご飯を炊くだけではなくさまざまな料理に活用したい、多めに炊いて残りは冷凍保存しておきたいという人は、少し大きめの5合くらいがいいでしょう。

低価格で済ませたいならマイコン式。お米にこだわるのであれば少し価格はあがりますがIH式がおすすめです。

2-4.ドライヤー

値段:3,000~15,000円

自然乾燥でも過ごすことができますが、髪の毛のケアをしっかりとしたい人には欠かせないのがドライヤー

機能によって価格の幅はありますが、ひとり暮らしの場合は集合住宅に住むことがほとんどなので、音が静かなタイプを選びたいところ。目安としては60dB以下。静音タイプなどと表記されているものもあるので、よく確認しましょう。

またドライヤーは消費電力が高いものも。洗面台のコンセントを使うときは、ワット数が限られていることがあるので使用できるかどうかも確認しておきましょう。

2-5.掃除機

値段:20,000~30,000円

最初のうちはなくともモップや雑巾などで済ませられるかもしれませんが、やはり掃除機は用意したい家電です。

ひとり暮らしにおすすめなのはコードレススティック掃除機。コンパクトで邪魔にならないのが人気の理由です。

AQUAのAQC-SX1Fは、スティック&ハンディスタイルのコードレスタイプの掃除機で、お手入れも簡単。場所も取らないので収納にも困りません

AQC-SX1F

 

まとめ

新生活にはまずは冷蔵庫・洗濯機・電子レンジをそろえましょう。この3つの家電があれば、多少不便があったとしても最低限の生活は可能です。不便に感じた部分の家電はあとから買い足せば、無駄なく必要な家電だけをそろえることができますよ。