洗濯槽の掃除は月に1回!部分ごとにドラム式洗濯機の掃除方法や頻度を解説!

2021.04.14

使うたびに水が流れる洗濯機はいつも綺麗なイメージがありますが、実は定期的な掃除が必要です。

今まで縦型を使っていた人は、ドラム式洗濯機の掃除は縦型と何か違うのかな?と気になってしまいますよね。

今回はドラム式洗濯機の掃除の仕方や頻度について詳しく解説していきます。

1.ドラム式洗濯機の掃除の頻度は?

ドラム式洗濯機は縦型に比べると、掃除しなくてはいけない部品が少し多いですが、しかし面倒だからといって掃除をしないと衣類を綺麗に掃除できなくなってしまいます。

どのくらいの頻度で掃除を行えばいいのでしょうか。

・洗濯槽

月に1回が目安です。洗濯機の使用頻度が低い、忙しくなかなか時間が取れないといった人でも2ヶ月に1回は行いましょう。

・乾燥フィルター

月に1回が目安です。洗濯槽と一緒に忘れずに行いましょう。

・ドアのゴムパッキン

ドアのゴムパッキンは面倒でも洗濯するたびに拭くのがベスト。もちろんホコリがたまっていることに気づいたときにはすぐに取り除きましょう。

ゴムパッキンの奥のドラムの隙間にもホコリがたまりやすいので一緒に掃除をしましょう。

・そのほかの場所

洗剤ケースなどその他の場所は汚れに気がついたときにこまめな掃除が必要です。大掃除のときにいつもはなかなか掃除できない排水口などもきれいにするといいでしょう。

2.洗濯槽の掃除

洗濯槽の掃除に欠かせない洗濯槽の洗剤。

さまざまな種類がありますが、ドラム式洗濯機は「塩素系」がおすすめ

他にも酸素系の洗剤やクエン酸、重曹などがありますが、デメリットが多いので塩素系にしましょう。

 

・酸素系洗剤のデメリット

洗濯の途中でドアを開けられないドラム式は、酸素系洗剤を入れることができません。ドアを開けられるタイプでも、水を少量しか入れることができないので、汚れが落ちにくいのです。

また酸素系の洗剤は泡立ちがいいものが多く、ドラム式洗濯機の場合、自動で排水されてしまうことがあります。

・クエン酸のデメリット

クエン酸は酸性なので、洗濯槽内の金属部品などを劣化させる危険性があり、故障の原因にもなるのでなるべく使用しない方がいいでしょう。

・重曹のデメリット

重曹は環境にも優しい洗剤ではありますが、洗浄力が弱いため、大きな洗濯槽に入れるには大量の重曹が必要となり、詰まりの原因になる可能性があります。

重曹は安全なので冷蔵庫など食品が関わる家電の掃除には向いていますが、洗濯機にはあまり使用しない方がいいでしょう。

2-1.塩素系洗剤を使っての洗濯槽の掃除手順

洗濯槽におすすめの塩素系洗剤を使って掃除する方法をご紹介します。基本的なことをご紹介していきますが、使用量や細かい手順は洗剤によって異なるので、洗剤の裏面の注意書きもよくチェックしてくださいね。

手順

1.洗濯機の電源を入れる

2.塩素系洗剤を洗濯槽に入れる

洗剤の量を確認して洗濯槽に入れましょう。

3.洗濯機を回す

槽洗浄モードが搭載されているときは、槽洗浄モードでスタートを押しましょう。

掃除専用のコースがないときは通常通り、洗い・すすぎ・脱水と標準タイプで回すだけでOKです。

洗剤を入れて回すだけなので忙しい人でもあっという間にできてしまいますね。

洗濯機

3.乾燥フィルターの掃除方法

ドラム式洗濯機で忘れてはいけないのが乾燥フィルターの掃除。洗濯槽と同じくらいの頻度で行うのが望ましいので、一緒に掃除を行う習慣をつけましょう。

手順

1.乾燥フィルターと本体側のフィルターを取り外す

フィルターは乾燥フィルターと本体側のフィルターの2枚があります。どちらも外しましょう。

2.綿ゴミを取り除く

大きな綿ゴミは手で取り除き、細かいものは掃除機で吸い取ります。

3.濡らした雑巾で水拭き

濡らした雑巾で水拭きをし、細かい部分のしつこい汚れがとれないときは歯ブラシや綿棒を使うといいでしょう。

4.乾かして元の場所に戻す

しっかりと乾かしたらあとは元に戻すだけで完了です。

4.ドアパッキンの掃除方法

洗濯が終わるたびに濡らした雑巾で水拭きをすれば、常に清潔な状態を保てるので隙間のホコリをしっかりと取りましょう

汚れがしつこいときは、台所用洗剤につけて拭くと綺麗に落ちますよ。

5.その他の場所の掃除

5-1.取り外せる場所の掃除

洗剤投入ケース・ゴミ取りネット・排水フィルターなどは取り外すことができます

取り外せる部品は、ぬるま湯につけて歯ブラシでこすり洗いをし、しっかりと乾かしてから元に戻しましょう。

5-2.取り外せない場所の掃除

取り外すことのできない、ふたの裏や洗濯槽のふちは、濡らした雑巾で水拭きしましょう。汚れが気になるときは台所用洗剤を少しだけつけて拭きとるといいですよ。

洗濯

まとめ

洗濯機の掃除と聞くと大仕事のような気がしますが、意外と短時間で簡単にできます。さぼっていると嫌な臭いがしてくる原因にもなるので、こまめに掃除をして綺麗な洗濯機で気持ちよく衣類を洗いましょう。