白菜や春菊、キャベツなど1月に旬の野菜の保存方法を解説

2022.01.06

_59298727_M

1月が旬の野菜は、冬の定番である鍋料理にも欠かせないものばかり。

一年中ある野菜も多いですが、やはり旬に採れたものが一番おいしいので、正しい保存方法で長持ちさせたいですよね。

今回は1月が旬の野菜、白菜や春菊、キャベツ・ネギ・大根の保存方法を、一つずつ詳しくご紹介していきます。

1.1月が旬の野菜の保存方法

1-1.白菜の保存方法

白菜はまるごと1玉か、カットしてあるもので保存方法が異なります。それぞれ適した保存方法を覚えておきましょう。

_60543694_M

まるごと1玉を保存する場合

白菜を長持ちさせたいのであれば、傷みにくいのでまるごと購入するのがおすすめ。

芯を取らず、キッチンペーパーで包んでから新聞紙で包み、立てて保存するのがポイント。野菜は白菜に限らず、生えているときと同じ状態で保存すると長持ちします。

野菜室に入れるのがベストですが、寒い季節は玄関やベランダなど、涼しい場所での保存も可能です。

使用するときは、一番外側の葉はラップの役割をしてくれているため、乾燥しているので外しましょう。

1/2や1/4を保存する場合

1/2や1/4にカットされている白菜は、芯がついたままにすると葉が成長しようとするため、傷みやすくなってしまいます。

芯の両サイドに、包丁で斜めに切り込みを入れて、切り落としましょう。芯が取りにくいときは、包丁で切り込みを入れるだけでも、効果があります。

カットされた白菜を保存する場合

ざく切りした白菜を保存するときは、冷凍がおすすめ。

生の白菜は、そのままフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

茹でる場合は、少し固めに茹でて水気をしぼり、ラップに包み、小分けにしてからフリーザーバッグに入れて冷凍します。

1-2.春菊の保存方法

春菊は、数日で使い切る場合は冷蔵保存がおすすめ。冷凍保存をすればなんと約1ヶ月も持ちます。

春菊の正しい保存方法を、見ていきましょう。

_83097709_M

冷蔵保存する場合

春菊を冷蔵保存するときは、乾燥を防ぐのがポイント。

袋のまま入れてはいけません。袋から取り出し、2~3枚重ねて濡らしたペーパータオルで、切り口が隠れるように茎を包みましょう。

葉の部分は乾いたペーパータオルで包み、ポリ袋に入れましょう。元々入っていた袋に入れてもOKです。

口の部分は軽く閉じて、冷蔵庫に立てて保存しましょう。うまく立てられないときは、コップやペットボトルを切って使用するといいですよ。

春菊は茎が太いので、寝かせるのはNG。茎が曲がってしまい、栄養価や甘味が減ってしまいます。

冷凍保存する場合

春菊の冷凍保存は使いたい分だけ出して、凍ったまま調理することができるのでとても便利です。

水洗いをしたあと、ペーパータオルでしっかりと水気をとります。水気が残っていると、冷凍したときにくっついてしまうので気をつけましょう。

あとは食べやすい大きさに切るだけ。茎の部分は2~3㎝、葉の部分は7~8cmが目安です。

切れたらフリーザーバッグに入れて、空気をしっかりと抜いてから冷凍しましょう。

1-3.キャベツの保存方法

キャベツも白菜と同じく、まるごと1玉か、カットしてあるもので保存方法が異なります。キャベツもそれぞれの保存方法を覚えておきましょう。

_81562120_M

まるごと1玉を保存する場合

キャベツをまるごと1玉保存する場合は、包丁を使って芯をくりぬき、濡れたペーパータオルを詰めましょう。ペーパータオルは、2~3日に1回取り換えるのがベスト。

芯があるままだと成長してしまうため、芯に葉の栄養が取られてしまいます。鮮度を保つために、芯は取り除きましょう。

乾燥しないように、新聞紙やペーパータオルで包んでからポリ袋に入れて、生えているときと同じ状態で冷蔵庫に入れます。

食べるときは白菜と同じく、一番外側の葉は乾燥しているので外してください。

この方法で保存すれば、1ヶ月ほど長持ちしますよ。

1/2や1/4を保存する場合

1/2や1/4のキャベツも、芯がついていると鮮度が落ちるため、切り落としてから保存します。

芯を取ったら、切り口全体に濡らしたペーパータオルをかぶせ、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。切り口は下向きにして保存すると、乾燥を防止できます。

1/2や1/4のキャベツの保存期間は、まるごとに比べると短く、7~10日が目安です。

カットされたキャベツを保存する場合

ざく切りや千切りのキャベツは、冷凍保存がおすすめ。

水洗いをしたら、お好みのサイズにカットします。水気をしっかり取ったら、フリーザーバックに入れてすぐに冷凍してもいいですが、金属トレイがある場合はラップを敷き、キャベツを広げて冷凍してから、フリーザーバックに詰め替えましょう。

冷凍保存の場合、1ヶ月ほど持ちます。解凍したキャベツは水っぽくなるので、歯ごたえを楽しむサラダなど生で食べる料理には向きません。火を入れる料理に使うのがおすすめです。

1-4.ネギの保存方法

冷蔵庫で乾燥してしまいがちなネギ。正しい保存方法を覚えておけば、みずみずしい状態を保てますよ。

_75863624_M

冷蔵保存する場合

ネギを冷蔵保存する場合は、洗ったあとに根元を切り落とし、3等分にします。

白い部分の2本と、青い部分にわけて保存します。どちらも下半分(根元に近い方)をしっかりと濡らしたペーパータオルで、包みます。上半分は軽く濡らしたペーパータオルで包みましょう。上半分にも適度な水分を与えることで、乾燥を防いでくれます。

青い部分の方が傷みやすいため、別の保存袋に入れて先に使いましょう。青い部分は約2週間、白い部分は約3週間保存可能です。

何度も説明していますが、野菜は生えていたときの状態で保存するのがポイント。ネギも冷蔵庫で立てて保存しましょう。

冷凍保存する場合

ネギを冷凍するときは、細かく切らないでください。冷蔵保存と同じく、洗ったあとに根元を切り落とし、3等分にします。

ペーパータオルで水気を取ったら、それぞれラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍します。

冷蔵のときは青い部分と白い部分を分けましたが、冷凍するときは傷む速度が変わらないため、一緒に入れてしまっても問題はありません。冷凍なら1ヶ月保存可能です。

金属トレイがある場合は、ネギを乗せて上から凍らせた保冷剤を重ねると、急速冷凍できますよ。

冷凍したネギを調理するときは、解凍すると水分が出て旨味も逃げてしまうので、凍ったまま切って火を通す料理に使いましょう。

1-5.大根の保存方法

大根は煮物、サラダ、大根おろし・漬物など、さまざまなシーンで活躍する優秀な野菜です。

しかし、大きいので、食べきる前に傷んでしまうことも。

正しい保存方法を知って、葉までおいしくいただきましょう。

_83162261_M

まるごと1本を保存する場合

大根は葉がついたまま保存するとしなびやすいので、買ったらすぐに切り分けておきましょう。葉は切り口にペーパータオルを巻いてポリ袋に入れ、立てた状態で冷蔵庫に保存します。

スペースがある場合は、丸ごと新聞紙またはペーパータオルで包み、冷蔵庫で保存すれば約2週間持ちます。

しかし、葉を切っても大根は大きいので、そのままでは冷蔵庫に入らないことが多いです。

切った場合はペーパータオルで包み、ポリ袋や保存袋に入れて、空気をしっかりと抜いて保存します。ペーパータオルが湿ってきたら、すぐに新しいものに交換しましょう。切った大根は1週間以内に食べきるのがベストです。

1/2や1/3にカットされている場合

1/2や1/3にカットされている大根は、まるごと1本の大根を切って保存するときと同じです。ペーパータオルで包み、ポリ袋や保存袋に入れて、空気をしっかりと抜いて保存します。ラップで包むのもありですが、切り口だけ包むのはNG。全体をラップで包むことで乾燥が防げます。

食べやすい大きさにカットされている場合

すでにカットされている大根は、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

保存期間は約1ヶ月。凍ったままスープや煮物に使うことができるので便利です。

大根おろしにして冷凍するのもあり。製氷皿やアルミカップに入れて凍らせたあと、フリーザーバッグに入れて保存が可能です。自然解凍すれば、いつでも大根おろしが楽しめます。

まとめ

野菜は冷蔵庫または冷凍庫に入れるだけではなく、おいしい状態を長く保てる方法を覚えて保存しましょう。

野菜を冷凍する場合は、解凍方法にも気をつけましょう。凍ったまま調理した方がいい野菜もあります。

旬の野菜をおいしく保存して、無駄にすることなく、さまざまな料理に活用しましょう。