加湿器にカビができてしまったときは?カビができないようにするポイントも解説!

2022.04.19

カビ

乾燥する季節に欠かせない加湿器。

肌や喉などにうるおいを与えてくれるだけではなく、風邪などの予防にもつながるといわれています。そんな加湿器に、いつのまにかカビが生えているのに気づき、驚いた人もいるのではないでしょうか。

加湿器の掃除をせずに使い続けていると、カビが繁殖し、蒸気からカビが舞ってしまう可能性も。

今回は、加湿器にカビが生える原因や、放置してしまうことで起こる危険性、掃除方法などをくわしくご紹介します。

1.加湿器にカビが生える原因は?

カビは高温多湿な場所が大好き。

0~45度の環境で、湿度と養分がある場所に発生してしまいます。加湿器のタンクの水を放置すると、養分となる水垢が発生してしまうので、カビが生えてしまうのです。

加湿器の水を入れるときは、残っていても継ぎ足さず捨てるようにし、少量の食器用洗剤でタンクをすすぐ習慣をつけましょう。

また、加湿器には水道水を使いましょう。水道水には殺菌作用のある塩素が含まれているからです。

「空気中に放出されるのだから、きれいな水の方がいいのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、浄水器の水やミネラルウォーターには塩素が含まれていないため、カビが繁殖しやすくなります。

2.カビが生えた加湿器を使い続けるとどうなる?

カビが生えた加湿器を使い続けると、水蒸気と一緒にカビが部屋中に広がります。カビの胞子が部屋に広がることで、以下のような現象が起こります。

2-1.アレルギー症状を発症する

カビを吸い込んでしまうと、鼻水・くしゃみ・咳などのアレルギー症状を引き起こす可能性があります。他にも肌にかゆみや湿疹が出たり、結膜炎になったりすることも。

さまざまな健康被害が現れます。

2-2.部屋中にカビが発生しやすくなる

カビの胞子が部屋に広がると、加湿器のみならず部屋にもカビが発生しやすくなります。結露が起こりやすい窓の周りなどはカビが生えやすいです。

加湿器 カビ

3.かんたんにできる加湿器の掃除方法

加湿器は定期的に掃除が必要です。掃除が苦手な人は身構えてしまうかもしれませんが、短時間で簡単にできるので、しばらくしてないという人は、すぐにやってみてくださいね。

3-1.加湿器のカビはクエン酸できれいに!

加湿器の水垢の掃除にはクエン酸が効果的。養分となる水垢をためないようにすることで、カビの発生を防ぐことができます。

加湿器のパーツやフィルターの掃除方法は、まず洗面器やバケツに、クエン酸と加湿器の部品がしっかりと浸かるくらいの水を入れ、よく混ぜます。すべての部品を入れて、1時間ほどつけ置きしましょう。

汚れが浮き上がったら、水でよくすすぎます。しっかりと乾かしてから元に戻します。

水タンクと加湿器本体の掃除もとても簡単。タンクの中にもクエン酸水を入れて、1時間ほど運転させます。その後、タンクの中のクエン酸水は捨て、しっかりと水洗いをした後に、よく乾燥させてから元に戻してください。

メーカーや機種によって掃除方法は異なるので、クエン酸を使用するときは、取扱説明書をよく確認してからにしてくださいね。

3-2.カビのニオイには重曹

「加湿器のカビは取れたけど…ニオイが気になる」という人におすすめなのが、重曹を使った掃除。

40℃くらいのぬるま湯に重曹を溶かし、加湿器の部品を入れて、1時間ほどつけ置きしましょう。

終わったら水で洗い流すだけ。ニオイが取れてスッキリしますよ。

重曹 クエン酸

4.かんたんにできるカビを発生させないポイント

4-1.こまめに水を入れ替える

加湿器の水は使い切るまで入れ替えない人も多いのではないでしょうか。実はこれがカビを発生させる原因に。

水はこまめに入れ替えるようにしましょう。継ぎ足しして使うのはNGです。

4-2.水道水を使う

先述でもご紹介のとおり、加湿器には水道水を使いましょう。

水道水には、浄水器やミネラルウォーターにはない、殺菌作用のある塩素が含まれているため、雑菌やカビの発生を防いでくれます。

4-3.加湿器を使うときだけ水を入れる

加湿器を使用しないときは、水を捨てましょう。水を入れたままにすると、雑菌やカビの繁殖がどんどん進みます。

長期間使わないときは、加湿器の掃除を行い、よく乾かしてから片付けるようにしましょう。

まとめ

加湿器は定期的に掃除をすることで、カビの繁殖を防ぐことができます。

そのまま放置していると、健康被害や部屋にまでカビが生えることもあるので気をつけましょう。

掃除はクエン酸と重曹があれば、簡単にきれいにすることができますよ。

また、加湿器を使用しないときは、必ず水を捨てましょう。長期間使用しない場合は、きれいに掃除をしたあとに、よく乾かすことが大切です。