冷蔵庫の寿命は6~9年が目安!寿命の見分け方から処分方法まで解説します

2021.02.26

もし冷蔵庫が故障したら、保存している生ものや冷凍食品がすぐに駄目になってしまったり、腐って匂いが出てしまったりと大変なことになりますよね。できれば壊れる前に準備しておきたいところです。

今回は冷蔵庫の寿命はどのくらいなのか、修理と買い替えを見極めるポイント、寿命がきた冷蔵庫の処分方法を見ていきましょう。

1.冷蔵庫の寿命は一般的には6~9年

冷蔵庫の寿命は一般的には6~9年といわれています。使用頻度や環境によっても変化しますが、冷蔵庫の寿命の判断は主に2つあります。

1-1.発売から9年を超えると、メーカーから修理用の部品が無くなっていく

家電製品のメーカーは、国内で公平な取引ができるように家電公取協の定める「製造業表示規約」の規則を守っているのですが、その規約では、最低9年間は冷蔵庫の修理部品をメーカーが保証するように義務付けられています。

なので、発売から9年を超えた冷蔵庫の部品は、どんどんと手に入らなくなってしまい修理が不可能になったり、より高額になってしまうのです。

 

(出典元:別表3|製造業表示規約|公正競争規約|公益社団法人 全国家庭電気製品 公正取引協議会

1-2.国税庁が定める耐用年数では6年とされている

耐用年数とは、税法上、冷蔵庫などの10万円以上の家電は固定資産として扱うときに、何年かけて減価償却できるかを示した年数で、冷蔵庫は国税庁によって耐用年数が6年とされています。

修理の部品はまだある期間ですが、6年を超えた場合は買い替えを検討する1つの目安として考えてよいでしょう。

2.寿命を迎えた冷蔵庫の特徴

2-1.庫内が冷えず常温と変わらない

冷蔵庫なのに冷えないのは致命的ですよね。

時間をかけても温度が下がらなかったり、部屋の温度と庫内の温度にほとんど差がないような状態であれば、寿命や部品が故障している可能性があります。

2-2.冷蔵庫の中で水が漏れている

冷蔵庫には水をためる部分があるのですが、古くなるとその水が漏れてしまうことがあります。庫内に水が漏れているときは、冷気が放出される部分が汚れているという理由も考えられるので、綺麗にすると改善されることもありますが、床に水が漏れているときは修理が必要な可能性が高いです。

2-3.製氷機で氷ができない

氷ができないときは冷蔵庫の冷やす機能が低下している可能性大。冷蔵庫は大丈夫でも、製氷機や冷凍庫など凍らせる機能が先に故障することも多いです。

2-4.駆動音がずっとしている

冷蔵庫を開け閉めすると、庫内の温度が上がるので、冷やそうとして駆動音がします。冷やし終わると音は止まるのですが、普段聞きなれない音がしている、いつまでも音がとまらないというときは要注意。何か異常があるのかもしれません。

3.寿命がきたら修理?それとも買い替え?

購入してからすぐにということであればおそらくメーカーの保証期間もあるので、すぐに修理をお願いした方がいいですが、かなり年数が経っている場合は買い替えを検討した方がいいでしょう。

修理は故障した部分や故障具合によって、修理費用にはかなり幅があります。年数が経っている場合は、一部を直してもまた別の部分が故障し、結局修理費用が高額になってしまったというパターンもあります。そのため新しい冷蔵庫を購入した方が、結局は安いといったことも。

最近の冷蔵庫は省エネ機能がどんどんよくなっているので、新しくすると電気代も節約できるといったメリットもあります。

4.冷蔵庫の処分方法

冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビは、家電リサイクル法により特定家庭用機器とされています。そのため処分方法に決まりがあるのです。

まだ使える冷蔵庫であれば、フリーマーケットや中古買取を検討することもできますが、故障してしまった、もう使える状態ではないといった場合はどうしたらいいのか見ていきましょう。

4-1.買い替えと同時にお店で引き取ってもらう

家電量販店などであれば、買い替えと同じタイミングで引き取りを提案してくれるはずなので、設置の際にお願いするとスマートです。冷蔵庫の大きさによって金額は前後しますが、リサイクル料や運搬費などがかかります。5,000~10,000円程度かかると考えた方がいいでしょう。

中には引き取り手数料無料といったキャンペーンや下取りで割引といったサービスがあるところもあるので、さまざまなお店で購入を検討してみてくださいね。

4-2.お店に依頼か市町村に確認

リサイクルショップなどで冷蔵庫を購入した場合は、今まで使っていたものは引き取ってもらえないこともあります。

そんなときは廃棄物回収業者に依頼しましょう。どこの業者に依頼したらいいのかわからないというときは、処分方法を市町村に確認してみるといいでしょう。

リサイクル

まとめ

冷蔵庫は故障してしまうと、中の食材もダメにしてしまうので、故障のサインがあったときは注意しましょう。10年以上経っているものは修理するよりも買い替えるのがおすすめです。処分するときは、処分方法を守ってくださいね。