アイロン台の代用を7つ、注意点も踏まえて紹介!

2022.06.20

アイロン台

アイロンを使用するときに欠かせない、アイロン台。

アイロン台がさまざまなものに活用できるのであればいいですが、アイロンをかけるときにしか使用しないので、場所も取るしできれば購入したくないという人もいるのでは?

今回は、アイロン台の代わりになるものはあるのか、代用するときの注意点などをくわしく解説します。

1.アイロン台の代用になる条件

1-1.耐熱性がある

アイロンは低温でも100℃以上、高温になると200℃ほどになります。そのため、熱に強いものを選ぶことが必須です。

プラスチックは溶けやすいのでNG。

また、熱に強いといっても、金属は熱が伝わりやすく、火傷の原因となるのでやめましょう。

1-2.でこぼこせず平らになっている

アイロンはシワを取るためにかけることがほとんどです。そのため、アイロン台の代用として使用する場合は、平らであることが大切。

硬いものよりも少しクッション性があると、ボタンや縫い目などの段差に引っかかりにくく、アイロンの滑りがいいですよ。

1-3.グラグラせず、安定感がある

平らであることに加え、安定感があることもアイロン台の条件の一つ。

グラグラしていると、うまくアイロンにプレスできないのでシワが伸びないだけではなく、アイロンを落として火傷する危険性も考えられます。

2.アイロン台の代用になるもの

「アイロン台の代わりになるものは少なそう…。」と思っている人も多いかもしれませんが、実は家庭にあるさまざまなもので代用可能です。早速チェックしていきましょう。

2-1.バスタオル

バスタオルを机の上に広げれば、クッション性も兼ねたアイロン台の代わりになります。

ただし、1枚では熱が通り抜けてしまうため、2~3枚重ねましょう。また、四隅におもりを乗せることで、バスタオルを固定できるためアイロンがかけやすくなります。

バスタオル

2-2.ダンボール

ダンボールを開いて畳み、机の上に乗せてアイロン台にすることもできます。

さらにバスタオルを重ねると、段差がなくなり平らになるので、アイロンの滑りがスムーズに進みますよ。

ダンボール

2-3.ベッド

ベッドのマットレスもアイロン台の代わりとして使えます。掛け布団はふわふわしているので、安定感に欠けるため外しましょう。

使用しているシーツが熱に弱い素材でないか確認してから、アイロンがけを行ってくださいね。

ベッド

2-4.座布団

座布団も厚みとクッション性があり、アイロン台として代用可能です。

ただし、化学繊維が使われているものは、高温になると溶けたり焦げたりするので、使用しない方がいいでしょう。熱に強い綿がおすすめです。

座布団

2-5.布団

座布団では少し狭いというときは、敷き布団もアイロン台の代用に向いています。

ベッドのマットレス同様、シーツが熱に弱い素材でないか確認してから使用してください。

敷き布団

2-6.新聞紙や雑誌

新聞紙や雑誌は紙ですが、熱を通しにくく平らなのでアイロン台に適しています。新聞紙も雑誌も少し段差が気になるので、ダンボールのときと同様にバスタオルを重ねるといいでしょう。

新聞紙

2-7.アイロンマット

アイロンマットは、アイロンがけ専用に作られている、耐熱性を備えたシート状のマットです。

机など平らな場所に広げるだけで使用できます。使用後は畳んだり丸めたりとコンパクトに収納できるものも多いので、アイロン台は場所を取るから嫌だという人の願いを叶えてくれます。

3.アイロン台の代用を使う上での注意点

3-1.裏に熱が伝わっていないかはこまめに確認

耐熱性のあるものでも、長時間使用したり、強くプレスしたりすると、熱が下まで伝わってしまう可能性もあります。

焦がすなどのトラブルを避けるために、裏に熱が伝わっていないかこまめに確認することが大切です。

3-2.スチーム機能を使う際は紙素材は要注意

耐熱性のある紙でも、水には弱いです。

ダンボールなど紙素材のものをアイロン台として、アイロンのスチーム機能を使うときは、紙がボロボロになったり、インクが写ったりすることを避けるために、バスタオルを重ねると安心です。

4.軽いシワであれば、アイロンを使わなくても伸ばせる

アイロン台もなく、代用できるものもないというときは、衣類スチーマーを使うのもおすすめ。ハンガーにかけたまま、蒸気を当てることができるので、アイロンがけが苦手な人や、時間がないときにも便利ですよ。

また、アイロンを使用しなくてもシワを伸ばす方法があります。お風呂の蒸気を利用しましょう。入浴後、蒸気たっぷりの浴室に1時間ほどハンガーで吊るして、湿気を含ませます。

あとは部屋に戻して乾かすだけ。ちょっとしたシワであれば、すぐに伸ばせます。

お風呂の蒸気を使用する方法は、アイロンがけができない熱に弱い素材のもののシワを伸ばしたいときにも活用できるので、ぜひ覚えておいてください。

浴室

まとめ

アイロン台として代用できるものは、意外とたくさんあります。

ただし、紙素材の場合は水に弱いので注意。布のものでも素材を確認してから使いましょう。

また、こまめに熱が伝わっていないかチェックすることも重要です。

軽いシワは、衣類スチーマーや蒸気を使うことで、アイロンを使わなくても伸ばすことが可能。「アイロンがけがめんどくさい、得意じゃない」という人は試してみてくださいね。