食洗機の掃除方法を解説!ポイントはクエン酸

2022.03.04

食洗機

食器を洗っているので、きれいな水と洗剤で汚れがなさそうな食洗機ですが、何もしないとニオイやヌメリが発生します。

汚れを放置するのは、食事で使う食器を洗っているので、衛生的によくありません。

今回は、食洗機の正しい掃除方法と、きれいな状態を長く保てる使用方法をくわしくご紹介します。

1.食洗機の掃除方法

目安としては月に1度は、食洗機の掃除を行い、清潔な状態を保ちましょう。食洗器の掃除は、クエン酸を使います。

ただし、クエン酸が使えない食洗機もあるので、必ず取扱説明書で確認しましょう。

クエン酸を使った掃除方法と、使えない場合の掃除方法をご紹介します。

1-1.クエン酸を使った掃除方法

クエン酸を使った掃除方法は、まず残菜フィルターに溜まったゴミを取り除きます。

食洗機の洗剤投入口に、クエン酸を入れます。大さじ2~3杯が目安です。

「お手入れコース」がある食洗機は、コースを活用しましょう。ない場合は、すすぎの温度を高く設定して、洗浄時間を長くするといいですよ。

ちなみに、クエン酸で掃除をするときは、他の洗剤と混ぜてはいけません。塩素系の洗剤と混ざってしまうと、有毒ガスが発生し危険です。

1-2.クエン酸が使えない場合は取扱説明書通りの掃除方法を

金属パーツが使われている食洗機などは、クエン酸を使うとサビてしまう恐れがあるため、取扱説明書に使用不可となっている場合があります。必ず確認するようにしましょう。

クエン酸が使えない場合は、取扱説明書に従って掃除を行います。クエン酸が使えなくても、掃除をするのは難しいことではありません。

クエン酸の代わりに、メーカーが推奨している食洗機クリーナーなどを使用することが多いです。

クエン酸とくらべると、専用のクリーナーなので少し金額は上がります。しかし、メーカー推奨のものを使えば、故障する可能性は極めて低いので、専用のものを使うようにしましょう。

クエン酸

2.食洗機の日常的なお手入れ

食洗機はクエン酸や専用クリーナーを使用した定期的な掃除の他に、日頃からお手入れをすることで、きれいな状態を保てます。

日々どのようなことに気をつければいいのか見ていきましょう。

2-1.残菜フィルターのゴミを取り除く

食器についていた食べカスなどの汚れは、残菜フィルターに溜まっていきます。

残菜フィルターのゴミは、使用するたびに取り除くように心がけましょう。取らずに食洗機を使うと、洗ったはずの食器に付着してしまいます。

また、カビやヌメリなどの原因にもなるので、毎回掃除を欠かさずに行いましょう。

2-2.使用後はしっかり乾燥させる

食洗機を使用したあとは、しっかりと乾かすことが大切です。カビは温度と湿度が高い場所を好みます。そのため、食洗機はカビにとって最適な場所。

乾燥機能が付いている場合は、使用後にすぐに行いましょう。カビは高温には弱いです。乾燥機能がない場合は、庫内を布巾などでよく拭いてください。

頻繁に使うという場合は、食洗機は洗うときに高温になるので、毎度乾燥させなくても残菜フィルターのゴミを取り除くだけで大丈夫です。

まとめ

食洗機はクエン酸を使うことで、誰でも簡単にきれいに掃除が可能です。衛生的に使うためにも、定期的に行うようにしましょう。

ただし、クエン酸が使えない食洗機もあるので、必ず取扱説明書を確認してくださいね。

また、日頃からお手入れをしておくと、汚れが蓄積されず、きれいな状態を長く保てます。フィルターのゴミを取り除いたり、庫内をしっかりと乾燥させたりすることも覚えておきましょう。