封を切ったお餅はカビが生えやすいので要注意!お餅の保存方法を解説

2022.01.06

_84912405_M

お正月といえばお餅ですが、普段から好んで食べる人も多いですよね。買い置きをしている人もいるのでは?

しかし、お餅は冷蔵庫にすぐに入れても、数日たったらカビが生えていることも。鏡開きでたくさんお餅が余ってしまったときも、困りますよね。

今回はお餅の正しい保存方法を、市販のお餅と自分でついたお餅に分けてご紹介していきます。

1.個包装されているタイプのお餅は常温保存が可

個包装で真空パックになっているお餅は、記載されている賞味期限内に食べれば、常温保存でも問題はありません。可能な限り食べる直前に封を開けましょう。

しかし、一度袋を開けて空気に触れてしまったものは、常温保存は厳禁です。

2.封を開けてしまったお餅の保存方法

2-1.冷蔵庫での保存方法

封を開けてしまっても、数日のうちに食べるのであれば、冷蔵保存がおすすめです。

お餅を保存するときは、なるべく空気に触れさせないようにするのがポイント。開けてしまった袋に入れたままではなく、一つずつラップでしっかりと包み、フリーザーバッグに入れてから冷蔵庫で保存しましょう。

また、1~2週間食べないかもしれないという場合は、わさびを一緒に入れて置くと殺菌作用で、カビを生えにくくさせることができます。

保存方法は、密閉容器にお餅と一緒にわさびを入れるだけ。わさびがお餅に直接触れないように、お弁当用のカップやアルミホイルなどを使うといいでしょう。

2-2.冷凍庫での保存方法

冷凍庫で保存をすれば、数カ月保存することができます。すぐに食べないときは、一旦冷蔵庫に入れてからではなく、すぐに冷凍した方がいいですよ。

冷蔵庫での保存と同じく、なるべく空気を抜きながら、一つずつラップでしっかりと包み、フリーザーバッグに入れましょう。

解凍方法

冷凍したお餅を解凍するときは、常温に4時間ほど置くだけで自然解凍できます。ただし、暑い季節は傷みやすいので、少し時間はかかりますが冷蔵庫で解凍するといいでしょう。

スープや鍋料理など、煮るものは冷凍のまま入れても問題はありません。お餅を焼きたいときは冷凍のまま調理すると、中に火が通る前に表面だけ焦げてしまうことがあるので、解凍してから焼きましょう。

急いでいるときはラップを取って水にくぐらせ、電子レンジで1分(500w)ほど加熱すればOKです。

3.ついたお餅の保存方法

自分で作ったお餅は、市販のものよりもカビが発生しやすいです。とくにお餅を丸めるときに使用する餅とり粉は、カビの発生率を高めます。保存するとすでにわかっているときは、餅とり粉は使わない方がいいでしょう。

市販のお餅とは少し違う、自分でついたお餅の正しい保存方法をご紹介します。

_72429459_M

3-1.冷蔵庫での保存方法

先ほどご紹介したわさびを使った保存方法でもいいですが、自分で作ったものは市販のお餅よりも傷みやすいので、冷蔵保存はおすすめしません。

数日のうちに食べるのであれば、水餅がおすすめ。密閉容器にお餅を入れ、完全につかるまで水を入れます。あとはフタを閉めて冷蔵庫に保管するだけです。1日1回必ず新鮮な水に取り換えましょう。

水餅は空気に触れないので、カビの発生を防ぎ、乾燥も防止する効果が期待できます。

3-2.冷凍庫での保存方法

自分でついたお餅は、量もたくさんあることが多いため、冷凍保存がおすすめです。市販のお餅と同じく、ラップにしっかりと包み、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。解凍方法も、市販のお餅と一緒です。

ついたお餅も数カ月の保存は可能ですが、時間が経てば経つほど味の劣化は避けられません。なるべく早めに食べ切るのが理想です。

まとめ

お餅はでんぷんとタンパク質、水、脂質と、カビが大好きな水分や養分がたくさんあるので、保存に工夫が必要です。

冷蔵庫に入れるだけで安心してしまうと、カビがすぐに生えてしまうことも。

とくに自分でついたお餅は、傷みやすいので気をつけましょう。正しい保存方法で、おいしいお餅を楽しんでくださいね。