4月に旬を迎える野菜の保存方法を解説

2022.04.19

新じゃがいも

気温も上がり、過ごしやすい日が増える春。

新生活が始まり、自分で料理に挑戦するという人も多いのではないでしょうか。一年中ある野菜でも、旬の季節は特別。なるべく旬の野菜を取り入れて、バランスの良い食生活を送りたいものです。

今回は、4月に旬を迎える野菜の保存方法をくわしくご紹介します。

1)4月が旬の野菜の保存方法

4月が旬の野菜、新玉ねぎ・新じゃがいも・スナップエンドウ・たけのこ・グリーンピースの5つの保存方法をご紹介します。
それでは早速チェックしていきましょう。

1-1)新玉ねぎの保存方法

野菜室で保存する場合

新玉ねぎを長持ちさせるには、茶色の薄皮をむかないことと、常温ではなく低温で保存することが大切です。

茶色の薄皮は乾燥を防いでくれます。一部が濡れていたり、腐っていたりする場合を除き、むかずに保存しましょう。

ペーパータオルや新聞紙で1つずつ包み、ポリ袋に入れて、冷蔵庫に入れます。ポリ袋は1つずつではなく、2~3個入れてもOK。冷蔵で約10日保存することが可能です。

使いやすい大きさに切って冷凍保存する場合

新玉ねぎを冷凍する場合は、皮をむき軽く水洗いをしたら、使いやすい大きさに切りましょう。

フリーザーバッグに入れて、空気を抜いて閉じたら、冷凍庫へ入れるだけです。

冷凍で約1ヶ月保存することが可能です。自然解凍をすれば、生でも食べることができますよ。

飴色に炒めて冷凍保存する場合

新玉ねぎは炒めてから冷凍保存も可能です。

皮をむき、軽く水洗いをしたらみじん切りにします。フライパンに油を入れ、飴色になるまで炒めたら、よく冷まします。完全に冷めたら、小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存しましょう。

こちらも保存期間は約1ヶ月。水気が出にくいのでおいしさをキープすることができます。食べるときは必ず再加熱してくださいね。

新玉ねぎ

1-2)新じゃがいもの保存方法

常温保存する場合

じゃがいもは低温や湿気に弱いため、常温保存が基本。

新じゃがいもの土や汚れを払い、2~3個ずつ新聞紙で包み、直射日光を避けて風通しのいい場所で保存しましょう。

保存期間は10日前後。みずみずしいおいしさを楽しむために、早めに食べるのがおすすめです。

冷蔵保存する場合

湿度が高い季節は、常温に出しておくと不安なこともあるでしょう。そんなときは野菜室で保存しましょう。

常温保存と同じく、新じゃがいもの土や汚れを払い、2~3個ずつ新聞紙で包み、ポリ袋などに入れてから野菜室へ。

保存期間は10日前後。こちらもおいしいうちに、早めに食べましょう。

新じゃがいも

1-3)スナップエンドウの保存方法

冷蔵保存する場合

スナップエンドウを冷蔵保存するときは、ペーパータオルに包んでから、ビニール袋に入れて、野菜室で保存します。

保存期間は約1週間。スナップエンドウの食感を楽しむために、なるべく早めに食べましょう。調理して冷蔵保存したものは、3~4日以内に食べきるようにしてくださいね。

冷凍保存する場合

スナップエンドウを冷凍保存する場合は、先に筋とガクを取ります。冷凍後は取りにくくなってしまうからです。沸騰したお湯に塩を入れ、固めに茹でるのがポイント。40秒程度でOKです。

茹で終わったら、ザルなどに広げ、冷ましましょう。冷水に浸けてしまうと、表面にシワができてしまい、水っぽくなってしまうので、自然と熱が取れるのを待ちます。

しっかりと熱が取れたら、小分けにラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。時間がないときは、筋とガクを取り除き、生のまま冷凍もできます。

しかし、生で冷凍すると、スナップエンドウのシャキシャキ感がなくなり、柔らかくなってしまう傾向があるので、食感が好きな人は冷蔵保存、または茹でてから冷凍した方がいいでしょう。

冷凍での保存期間は、1ヶ月程度です。

スナップえんどう

1-4)たけのこの保存方法

たけのこを購入したらまずはアク抜き

たけのこは、すぐにアク抜きを行いましょう。時間が経てば経つほどアクが増えてくるので、そのまま放置するとえぐみを感じる原因に。

アク抜きには、米ぬかと赤唐辛子を使います。米ぬかがない場合は、生米や米のとぎ汁でもOK。

たけのこの穂先と根元を切り落とし、縦に2cmほどの切れ目を入れます。鍋にたけのこがかぶるくらいの水と、米ぬかと赤唐辛子を入れます。目安はたけのこ2~3本に対し、米ぬか1カップと赤唐辛子2本です。

落とし蓋をして強火にし、沸騰したら弱火で約1時間茹でます。茹で終わったら、鍋のまま冷めるのを待ちましょう。

たけのこが冷めたら、しっかりと水で洗い、皮を5~6枚むいて、穂先を少し切り落とします。根元が変色している場合は、そぎ落としましょう。

冷蔵保存する場合

たけのこを冷蔵保存する場合は、アクを抜いたら、使いやすい大きさにカットします。保存容器や保存袋に入れ、たけのこが浸かる程度の水を入れます。

しっかりと密閉して冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間は1週間程度。3~4日以内に食べきるのがベストです。毎日水を交換することで新鮮な状態を保てます。

冷凍保存する場合

たけのこを冷凍保存する場合は、アクを抜いたら、水気をしっかりと拭き取り、厚さ5mm程度に薄く切ります。あとはフリーザーバッグに入れて冷凍するだけ。

水分が抜けるのが気になる人は、砂糖漬けにしたり、だし汁を入れたりすると、煮物や炊き込みご飯などにもすぐに使えますよ。

保存期間は1ヶ月程度です。

たけのこ

1-5)グリーンピースの保存方法

サヤごと冷凍保存する場合

グリーンピースは、すぐに使わない場合は、新鮮なうちに冷凍保存がおすすめ。

サヤごと冷凍する場合は、生のままフリーザーバッグに入れて、しっかりと空気を抜いて密閉し、冷蔵庫へ入れるだけです。

サヤから豆を出して冷凍保存する場合

グリーンピースが大量にあり、場所をとる場合は、サヤから豆を出して保存しましょう。

サヤごとと同じく、生のままフリーザーバッグに入れて、しっかりと空気を抜いて密閉し、冷蔵庫へ入れるだけです。どちらも保存期間は約1ヶ月です。

グリンピース

まとめ

4月に旬を迎える、新玉ねぎ・新じゃがいも・スナップエンドウ・たけのこ・グリーンピースの保存方法をご紹介しました。春は食感を楽しめる旬の野菜がたくさんあります。

新鮮な旬の味覚をおいしい状態で楽しめるよう、保存方法には注意しましょう。

とくに、たけのこはアク抜きを忘れると台無しに。少し面倒ですが、なるべく早く行ってくださいね。