電子レンジの寿命は何年?電子レンジの買い替え時のサインも紹介!

2021.12.14

_80921082_M

電子レンジは温めるだけではなく、オーブンなどさまざまな機能が搭載されているので、料理には欠かせない家電の一つです。

そんな電子レンジがいきなり壊れてしまうと、とても不便ですよね。

我が家の電子レンジ、結構もう使っていて年数経っているけど電子レンジの寿命はどれくらいなのだろうと気になっている方もいるのではないでしょうか。

今回は電子レンジの寿命を知り、買い替えのサインや長持ちさせるコツなどをくわしくご紹介します。

1.電子レンジの寿命は約10年

どんな家電でも寿命があります。電子レンジはメーカーの部品保有期間は8年で、寿命は約10年といわれています。

電子レンジは不具合があるのに使い続けると、発火する危険性もあるので注意しなくてはなりません。

1-1.電子レンジの寿命=食品を温めるマイクロ波の寿命

電子レンジは、マイクロ波という電波を照射することで食品を温めています。

そのマイクロ波を発生させるために、電子レンジにはマグネトロンという部品が使われています。このマグネトロンの寿命は約2,000時間となっています。

使用頻度によって変わりますが、毎日30分程度使用すると10~12年で寿命となるので、電子レンジの寿命は約10年といわれているのです。

1-2.多機能電子レンジは寿命が短め

たくさんの機能がついている電子レンジはとても便利です。しかし、多機能であるということは、部品もたくさん使われており複雑な構造となっているので、さまざまな部品が故障するリスクが高く、温める機能だけのシンプルなタイプの電子レンジよりも寿命が短いといわれています。

2.もう寿命かも?電子レンジの買い替え時のサイン

2-1.温める機能が衰えてきた

食品がなかなか温まらないときは、マイクロ波が弱くなっている可能性があります。つまり、マグネトロンの寿命といえるため、買い替えを検討した方がいいでしょう。

マグネトロンだけを交換してもいいですが、その他の部品も寿命が近づいてきているため、何度も修理するよりも新しく購入した方が、コストパフォーマンスが高いといえます。

2-2.頻繁に止まる

電子レンジが頻繁に動かなくなってしまうときも、寿命といえます。

マグネトロンの寿命ではなく、他の部品の接続不良などの故障が考えられます。マグネトロンが故障していないので、止まったらまた操作をすれば温まりますが、使い続けるのは危険です。

2-3.操作ボタンや画面の不具合

電子レンジの操作ボタンが作動しなくなったり、画面がうまく表示されなくなったりしたときは寿命かもしれません。

電子レンジのコンセントを抜いて、数分経ったらもう一度電源を入れると直ることもあります。直らないときや一度直ってもまたすぐに不具合が出るときは、買い替えを考えた方がいいでしょう。

2-4.加熱中に異音・異臭がする

電子レンジの使用中に変な音がしたり、食品が焦げたニオイではない異臭がしたりする場合は、すぐに電子レンジを止めましょう。

部品の破損が原因で異音や異臭がしている可能性があるので、買い替えを検討する時期といえるでしょう。

2-5.電子レンジ使用中に火花が出る

電子レンジで温めているときに、パチッと音がして火花が散ったときは要注意!電子レンジの金属板が壊れている可能性が考えられます。これはスパークと呼ばれる現象です。

ただし、下記のスパーク現象は例外です。

・水気の少ない食べ物を温めた
・アルミホイルを温めた
・金属のスプーンやフォークなど入れた
・食器に金粉や銀粉が塗られている
・排気口などが塞がっている

これらが理由の場合は、電子レンジの金属板は故障ではない可能性もあります。

3.電子レンジを長持ちさせる方法

3-1.こまめに掃除をする

電子レンジの掃除は定期的に行いましょう。

食品を温め終わったときに汚れに気づいたらすぐに拭き取る癖をつけましょう。食べ物のカスや油汚れがたまると、電子レンジのセンサーが正常に作動してくれないことがあります。

掃除が苦手、めんどくさいと思うかもしれませんが、電子レンジの掃除は意外と簡単にできます。

電子レンジの簡単な掃除方法はこちらをチェックしてみてください。

 

大掃除のついでに!パッと終わる電子レンジの掃除

3-2.空焚きしない

何も入れずに電子レンジを使用してしまうと、一気に寿命が縮まります。

温めるときに出るマイクロ波は、通常食品に吸収されますが、空焚きをすると吸収されるものがないため、マグネトロンの劣化を早めてしまうのです。

食品を入れ忘れていないかしっかりと確認してから、スタートボタンを押しましょう。

3-3.長時間の連続使用は避ける

電子レンジで食品を温めると、電子レンジ本体も熱くなります。そのため、長時間連続で電子レンジを使用すると発火の危険性も。

電子レンジを使用するときは、まとめて短時間で済ませるか、長時間使用するときは本体が熱くなりすぎないように時間を空けるようにしましょう。

まとめ

電子レンジの寿命は約10年です。修理して長く使いたいと考える人もいるかもしれませんが、部品の保有期間も8年のため、寿命を超えると修理も難しくなります。

8年を超えて故障したときは、買い替えを検討した方がいいといえるでしょう。一つ部品を交換しても、すぐに別の場所が壊れることもあるので、買い替えた方が故障の心配もなく気持ちよく使えますよ。